スケジュール管理ソフトの導入メリット|業務効率化と環境改善

実施義務とルール

パソコンを触る男性

従業員が50名以上いる全ての国内企業において、ストレスチェックの実施というのは義務化されています。この義務化は2015年後期に制定されたもので、従業員が50名以下の企業であっても実施努力を行わなければなりません。ストレスチェックというのは、チェック項目式のアンケートによって全ての従業員の精神状態について自己把握してもらうための制度で、ストレス社会と呼ばれる現代社会におけるストレス問題を改善するために義務化が決定しました。ストレスチェック解答時、その診断結果というのは企業側には知らされず、解答を行なった従業員のみに開示されます。ストレスチェックの目的は、各従業員が自身の診断結果を知ることによってメンタルケアを行い、また管理職となる立場の人間が各従業員に対して気を配るためのきっかけ作りを目的としています。
ストレスチェックを行なう際には、幾つかのルールを守る必要があるのです。そのルールというのは、従業員に対して解答を強制してはいけないといったルールです。ストレスチェックは義務が企業側の実施義務であり、従業員側の解答義務ではないので注意しましょう。その他にも、診断結果は解答を行った従業員にのみ開示されるといった基本的なルールや、診断結果によって任意で行われる産業医との面談時におけるルール等が挙げられます。産業医との面談は産業医との面談が必要有りといった診断を下された場合に任意で受けられる制度で、それを受ける際には企業側の担当者に話しを通す必要があるのです。この時、企業側の担当者は面談を申請してきた従業員に対し、精神的に問題があるという理由で不利益な措置をとってはいけません。